大学生はプログラミングを学ぶべき!?大学生向けの上手な独学方法とは?

大学生はプログラミングを学ぶべき!?
大学生向けの上手な

独学方法とは?

HOME > 大学生はプログラミングを学ぶべき!?大学生向けの上手な独学方法とは?
大学生はプログラミングを学ぶべき!?大学生向けの上手な独学方法とは?

プログラミングの学習について調べると、 おすすめの本や学習方法が沢山出てくると思います。
プログラミングは将来性のあるものですから、 特に大学生の方でプログラミングを独学しようとする方は多いです。
独学でプログラミングを習得することはもちろんできますが、 その挫折率は98.5%ともいわれています。
つまり1.5%の一部の人間しか習得をすることができないのです。

どうして独学がうまくいかないのでしょうか?
この記事ではプログラミングに興味を持つ方が多いであろう大学生の方向けに、 どうしてプログラミングを独学で習得することが難しいのか、 プログラミングを大学生のうちから学ぶとどんな良いことがあるのか という事についてお話していきたいと思います。

どうして独学が続かないのか?

どうして独学が続かないのか?

どうして独学が続かないのか?


どうしてプログラミングの独学は挫折してしまう方が多いのでしょうか?
プログラミングを学ぶ方が多い大学生の立場に立ってポイントを整理してみましょう。

そもそも内容が難しい

そもそも内容が難しい

そもそもプログラミングの学習自体に挫折してしまうポイントが多くあります。
詳しくはこちらの記事で触れていますが、 プログラミングを始める前の環境を準備することが難しかったりエラーが発生してしまったときに一人では解決が難しかったりそもそも覚えることが多かったりするため挫折してしまいます。

自分にとって理解しやすい学習環境を整えて学習を継続することができなければ、 どうしても躓いてしまいます。

習得に時間がかかる

習得に時間がかかる

プログラミングの学習を始めること自体は難しくありませんが、 学習する量が多いためどうしても途中で投げ出したくなってしまいます。

プログラミングの習得にかかる時間はゴールによりますが、基本的な部分でも2、300時間ともいわれており、業務で使えるレベルとなると1000時間近くかかるともいわれています。
一日2時間勉強すると仮定した場合、 短くても習得に100日はかかることになってしまいます。

モチベーションがあればよいですが、 他の原因も相まってどうしても学習が億劫になってしまいます。

学業とアルバイトに追われている

学業とアルバイトに追われている

親からの仕送りで十分にお金がある方もいますが、自分の学費や生活費にあてたり、 好きなものを買うためにアルバイトをしているという大学生の方は多いです。

勿論大学の勉強もありますから、 アルバイトと学業で自由な時間や勉強にあてられる時間は減ってしまいます。
制限された時間の中で行う勉強は、 それ相応のやる気や目的がないと中々継続させることはできません。

周りは遊んでいるのに自分だけ勉強をしている

周りは遊んでいるのに自分だけ勉強をしている

自分の自由な時間を使って学習を行うわけですから、 その分友達と遊ぶ時間も減っていきます。

大学生は「遊ぶことも学びのうち」なんて言われることがありますが、 そんな時期に周りが遊んでいるのに一人だけ勉強をしていては、 どうしても疎外感を感じてしまいます。
また友達に飲み会などに誘われた時に「プログラミングの勉強があるから遊べない」とは、 人付き合いもありますし、中々言えません。

同じグループ、普段から付き合っている人間の中にプログラミングを学んでいる方がいれば話は別ですが、そうではないとどうしてもモチベーションは低下してしまいます。

習得するメリットかがよくわかっていない

習得するメリットかがよくわかっていない

プログラミングができると何となくかっこいいですし、仕事にも困らない感じがしますが、 自分がプログラミングを習得できたときに具体的にどうなるのかを整理できていない方が多いです。

大学生の皆さんは大学に進学するために受験勉強を頑張ったと思いますが、 それは大学に合格することで自分が得られるメリットを整理できていたから頑張れたのではないでしょうか?
例えば大学に合格すれば、「良い学歴が手に入り良い企業に就職しやすくなる」、「親元を離れて一人暮らしで自由な生活が手に入る」、「楽しいキャンパスライフがおくれる」、「自分の学びたかった学問を学ぶことができる」など様々なメリットが手に入ったはずです。

プログラミング学習も同じであり、「習得できたらいいな」ではなく、 習得できた時のメリットを知っておくことで学習に対するモチベーションが向上します。

大学生の方がプログラミングを学ぶべき理由

大学生の方がプログラミングを学ぶべき理由

大学生の方がプログラミングを学ぶべき理由


独学でプログラミングを習得することは難しいですが、 プログラミングを大学生の方が習得すること自体は推奨されるべきことです。
では、どうして大学生の方がプログラミングを学ぶべきなのでしょうか?
その理由をお話していきます。

まだ時間がある

まだ時間がある

中にはアルバイトや学業に追われて本当に時間がない方もいらっしゃいますが、 基本的にはサラリーマンに比べ大学生の方は遥かに時間があります。

大学生の場合、1、2年生で単位を順調にとってしまえば3年時にゆとりができますし、そうでなくとも春休みや夏休みなどにまとまった休みがあります。
サラリーマンになって勉強しようと思うと少ない休日や、 平日の寝る前に好きなことを我慢して勉強しなければなりません。

社会人になって勉強をしようとすると時間が少ないため大変ですが、 学生のうちであれば比較的勉強時間を確保することができます。

学生はインターンシップに参加できる

学生はインターンシップに参加できる

インターンシップに参加できることは学生の特権です。
インターンシップに参加することで仕事の内容が理解でき、自分の適性が理解できます。

プログラマーになりたいと思っている方でも本当に向いているのか、 これから先ずっと仕事を続けていけるのかは実際に働いてみないとわかりません。
学生のうちにプログラミングを学んでインターンに参加しておくことで、 自分の適性を早めに判断することができます。

社会人の方にはインターンシップなどありません。
IT企業に転職するべく死に物狂いでプログラミングを勉強したものの、 実際に転職してみると自分に合っていなかったなんてこともあり得ます。

また、プログラミングを大学生のうちに覚えておくことで、「スキル」があるわけですから、 よりレベルの高い企業のインターンシップに参加しやすくなります。

就職が有利になる

就職が有利になる

プログラミングができることは一つのスキルになるわけですから、 就職活動の際に当然役に立ちます。
就職活動中に面接で「学生の時に頑張った事は?」などとよく聞かれますが、 そんな時に「プログラミングを独学で習得しました」などと言える人材は、 市場価値が高いと言えるでしょう。

また、プログラミングにも資格がありますので、 プログラミング学習のゴールとして資格の取得を目指してみることで、 より就職活動を有利に進めることができるでしょう。

パソコンを持っている

パソコンを持っている

プログラミングを学んで手に入るメリットではありませんが、 大学生の方はプログラミングの学習に初期投資が必要ありません。

プログラミングの学習を始めようと思ったとき、パソコンは必要不可欠です。
最近ではスマートフォンからでも学習できる教材も登場していますが、 パソコンでプログラミングができることに越したことはありません。

最近の大学生の方はレポートや論文の作成のために入学時にパソコンを購入する方 がほとんどですから、すでにプログラミングをするための道具を持っています。
他の方に比べて初期投資が少なく済むという事はメリットと言えるでしょう。

大学生の独学はどうすればうまくいくのか?

大学生の独学はどうすればうまくいくのか?

大学生の独学はどうすればうまくいくのか?


プログラミングを独学で習得することは難しいですが、 大学生がプログラミングを勉強すること自体はとても価値があるものです。
ではうまくプログラミングを独学で習得するためには、 どのような事に気を付ければよいのでしょうか?

プログラミングを習得して得られるメリットを整理する

プログラミングを習得して得られるメリットを整理する

今、あなたがプログラミングを習得できたとします。
そうすると、あなたの生活はどのように変わるのでしょうか?

例えば、プログラミングを習得すると「収入が高くなる」のだとすれば、 あなたはお金持ちになることができるでしょう。
プログラミングを習得すると「フリーランス」になれるのだとすれば、 あなたは自由な働き方を手に入れることができるでしょう。

先ほどもお話ししましたが、 プログラミングを習得した際のメリットを整理しておきましょう。
どのように生活が変わるのかという部分を具体的に認識することで、 理想の生活にたどり着くために努力をすることができます。
実際にどのようなメリットがあるのか少し整理してみましょう。

メリット
  1. 「手に職」がつくため、仕事に困らない
  2. 年収が上がりやすい
  3. 時間・場所にとらわれない「フリーランス」な働き方が可能
  4. スキルが身についているため「起業・独立」しやすい
  5. 自分でアプリケーションが開発できる
  6. 学習後に就職が可能
  7. 情報化社会で活きるスキルが身につく
  8. 論理的思考が身につく

またプログラミング言語は英語などと同じように世界中で使われている言語になります。
考え方によっては世界共通の言語を身につけているようなものです。
他にもメリットはたくさんありますので、自分の中でよく整理をしてみましょう。

検索だけで解決しようとしない

検索だけで解決しようとしない

インターネットで検索をすればいくらでも情報を得ることができる時代ですので、 学習するための情報を手に入れることは簡単です。

プログラミングの学習サイトや解説動画はいくらでも見つかります。
しかし、それらの情報は簡単なもの、難しいもの、 効率的なもの、非効率的なものなどさまざまなものが入り混じっています。

例えば学校での勉強を思い出してみてください。
英語や数学を勉強しようとするときに、ちょっとした知識の補足としてインターネット検索をしたことはあるかもしれませんが、実際に学習をするときは教科書や参考書、塾で勉強をしたという方が圧倒的であると思います。

これはこの学習方法が自分にとって効率が良く、わかりやすいと考えているからです。
プログラミングの勉強に関しても同じことが言えます。
教科書や参考書を使ったり学校に通ったりしないと理解が難しい勉強を、 検索して出てきたものだけで学ぼうとしているからうまくいかないのです。

学校に行かなくても、教科書や参考書を読まなくても勉強ができる人は確かにいます。
ですがそれはその人達がいわゆる天才なだけです。

「インターネットで検索すれば情報が出てくるから、みんなこれで習得しているはずだ」と思い、むやみやたらに勉強をした結果うまくいかず、自分は向いていないと思ってしまう。
それはあなたが向いていないのではありません。
そもそも習得できる人がほとんどいないのです。

検索だけに頼って学習をするのではなく、本やスクール、 各種オンラインの学習教材などを併用して学習をしてみましょう。

隙間時間に学べるようにする

隙間時間に学べるようにする

大学生の方は比較的時間に余裕があるというお話をしましたが、 時間に余裕があるとはいっても勉強だけでなく、学業、アルバイト、サークルとやりたいこと、やるべきことはたくさんあります。
ですので、それらの時間を削らないようにするためにも、 隙間時間に勉強ができるような学習方法を模索しましょう。

具体的な学習方法としては、 「スマホから学習することができる教材」を使う事が最も良いでしょう。
電車での移動中にスマホから動画を視聴するだけでも用語の整理やプログラミングの理解には十分に役立ちます。

勿論ノートパソコンを持ち歩いて、講義の合間などに学習しても良いでしょう。
隙間時間に学べるようにしてできるだけ効率的に学習を行いましょう。

一緒に学ぶ仲間を探そう

一緒に学ぶ仲間を探そう

一人でプログラミングを学習することはモチベーション的にも苦しいですが、 質問をできないことが何よりも辛いです。
「エラー」が解消できないことによって、 多くの方はプログラミングの学習を挫折してしまいます。

周りに気軽に質問ができる友達や、先生がいれば解決しやすくなるかもしれませんが、 一人ではいつまでたっても解決できないかもしれません。
解決できたとしても解決に時間がかかり、 そんな状況が何度も続けば、勉強が嫌になってしまうでしょう。

プログラミングスクールに通ってみたり、プログラミングのサークルがあればそちらに所属してみたり、SNSでプログラミングの勉強をしている仲間を探してみたりして、 質問が行える環境に身を置きましょう。

また、「e-ラーニング」教材の中には現役エンジニアの方に質問ができるものや、お互いに質問しあう掲示板機能がある物もある為場合によってはそちらも利用しましょう。

大学生におススメの教材

大学生におススメの教材


本記事ではプログラミングを独学したい学生の方には 「みにプロe-ラーニング」 をおススメしています。
「みにプロ」は学生の方を対象に開発された「e-ラーニング」教材になります。
そのため、先ほどお話ししたような、独学で挫折してしまう点を解消した教材になっています。
大学生の方がプログラミングを学習するのにおすすめである「みにプロ」を少しご紹介していきたいと思います。

学生無料!

学生無料!

学生無料!


「みにプロ」は学生の方は完全無料で学習することができます。
無料で学習することができるのは学生の方だけですので、 大学生であることを生かして無料で学習してください!

掲示板機能で質問ができる

掲示板機能で質問ができる

掲示板機能で質問ができる


「みにプロe-ラーニング」には掲示板機能がありますから、 分からないことを質問することができます。
質問は「みにプロ」利用者であれば誰でも回答することができるので、 教えられるだけでなく、教え合う事で自分の理解を深めることもできます。

また、回答者にはポイントが付与され、現金への換金が可能となっています。
プログラミングを独学で習得しようとする人たちで協力しながら学習を進めることはモチベーションアップにも繋がるでしょう。

隙間時間に勉強できる!

隙間時間に勉強できる!

隙間時間に勉強できる!


「みにプロe-ラーニング」では見るだけでプログラミングを学べる解説動画がレッスンごとに準備されていますので、日々の通学時間や休憩時間などの隙間時間にスマホから手軽に学習することができます。

また、プログラミングの難しい用語や使い方を、歌を聴いて楽しく覚えることができるラップ動画が用意されていますので、覚え歌のような感覚で自然とプログラミング用語を覚えることができます。

試験に合格すれば就活不要で入社できる

試験に合格すれば就活不要で入社できる

試験に合格すれば入社することができる


「みにプロe-ラーニング」では、用意された試験に合格すれば就活をすることなく、 「みにプロe-ラーニング」を制作しているBFH(ベアフォスターホールディングス)への入社が可能です。
勿論入社を希望しないという選択もできますが、入社後の研修では3か月間給料をもらいながらプログラミングの研修を受けることができます。
就活を省くことができるため、早めに内定を手に入れて大学生活を謳歌することができます。

まとめ

いかがでしたか?
大学生であるからこそ、プログラミングを学んで自分の未来を豊かにすることができます。
本記事でお話ししましたように、プログラミングを学んで得られるメリットを整理して、 目的を明確にして、モチベーションを高めて学習に取り組んでみてください。
この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

こちらの記事もおすすめ

みにプロ無料会員登録

サイトマップ